福島県高校入試.com

ホーム > コラム > 【高校入試に採用された本5】サクラ咲く 辻村深月 光文社

【高校入試に採用された本5】サクラ咲く 辻村深月 光文社

国語の力を伸ばしたいけど、

どんな本を読んだらいいの?

そんな小中高校生に

実際に公立高校入試で採用された

おススメの本をご紹介。

 

「サクラ咲く」

辻村深月

(光文社)

 

~あらすじ~

塚原マチは本好きで気弱な中学一年生。
ある日、図書館で本をめくっていると
一枚の便せんが落ちた。
そこには『サクラチル』という文字が。
一体誰がこれを?
やがて始まった顔の見えない相手との
便せん越しの交流は、
二人の距離を近付けていく。
(「サクラ咲く」)
輝きに満ちた喜びや、
声にならない叫びが織りなす青春のシーンを
みずみずしく描き出す。
表題作含む三編の傑作集。

光文社HPより

 

《入試採用した都道府県》

鳥取、熊本など

 

国語の力を伸ばしたい受験生に。

受験を控えるお子さん、お孫さんへのプレゼントに。

 

 

関連記事

最近の投稿

月別一覧