福島県高校入試.com

ホーム > コラム > 【高校入試に採用された本15】藤井清美 明治ガールズ 富岡製糸場で青春を KADOKAWA

【高校入試に採用された本15】藤井清美 明治ガールズ 富岡製糸場で青春を KADOKAWA

国語の力を伸ばしたいけど、

どんな本を読んだらいいの?

そんな小中高校生に

実際に公立高校入試で採用された

おススメの本をご紹介。

 

「明治ガールズ 富岡製糸場で青春を」

藤井清美

(KADOKAWA)

 

~紹介~

明治6年。
松代藩の中級武士だった
横田家の娘・英は、
持ち込まれた縁談に困惑していた。

密かに胸にあるのは、
幼馴染みで使用人の息子、幸次郎。
けれど、身分違いの恋など許されない……。

一方、区長を務める英の父もまた、
悩んでいた。

富岡にできるという
フランス式の最新の製糸場に、
区から工女を出さねばならないのに、
誰も協力してくれない。

父の窮地が家族の話題にのぼったとき、
縁談を断ろうとしていた英は、
つい勢いで言ってしまう。

「わたし、富岡製糸場に参ろうと思います」

そして区長の娘が富岡に行く、
という安心感から、
瞬く間に、個性溢れる少女たちが集まって……。

初めての長旅と共同生活、
フランス式製糸場にフランス人上司。
初賃金とホームシック、そして恋……。

あの時代、あの場所に、青春があった。
少女たちの瑞々しい青春記録。

KADOKAWAHPより

 

《入試採用した都道府県》

長崎など

 

国語の力を伸ばしたい受験生に。

受験を控えるお子さん、お孫さんへのプレゼントに。

 

 

 

関連記事

最近の投稿

月別一覧