福島県高校入試.com

ホーム > コラム > 【高校入試に採用された本1】14歳の地平線 椰月美智子 青い鳥文庫

【高校入試に採用された本1】14歳の地平線 椰月美智子 青い鳥文庫

国語の力を伸ばしたいけど、

どんな本を読んだらいいの?

そんな小中高校生に

実際に公立高校入試で採用された

おススメの本をご紹介。

 

「14歳の地平線」

椰月美智子

(青い鳥文庫)

 

~あらすじ~
ーだれにでも忘れられない
たった一度の「14歳の夏」がある―。
中二病を、自分でも自覚している加奈太は、
家でも学校でも
なにかと
イラついてしまう日々を過ごしていた。
そんな中、夏休みに、父親の故郷の島で、
中2男子限定のキャンプに参加することになる。

初対面6人の共同生活は
普段の生活とは違うことばかりだった。

一方、シングルファザーである父親の征人は、
思春期の加奈太の気持ちをうまくつかめず

すれ違う日々になやんでいた。
加奈太と共にやって来た島では、
たちまち30年前の日々に引き戻されてゆく。

自分自身の父親を亡くした、あの暑い夏へと―。
14歳の息子と、かつて14歳だった父親。
だれにでも忘れられない
たった一度の「14歳の夏」がある―。

青い鳥文庫HPより

 

《入試採用した都道府県》

岐阜、岡山、大分など

 

国語の力を伸ばしたい受験生に。

受験を控えるお子さん、お孫さんへのプレゼントに。

 

 

関連記事

最近の投稿

月別一覧